日本および日本人強化プロジェクト

お人好しで、優しく、争いを好まない日本人。でも強い精神力、メンタルの力も必要です。この世は天国ではないのだから。

夢を叶えろ中学生!

自分の運命に負けない精神を練り、損得にとらわれない、正しい判断力を養い、物事を、正しく、純粋に認識し、壁に当たった時には、その壁にある亀裂をすばやく探し、そこを広げ、崩すための知恵を用意し、まな板の上の鯉のような絶体絶命のピンチに遭っても大丈夫なように、運がまわるように、日ごろから徳をつけ、危機に備えておく生き方をする。 夢を叶えるための条件は、ここだ。難しい世の中に向かっているけれども、生きがいのある人生を、楽しんで生きれれば最高じゃないか。集まれ中学生! サムライの強さを手に入れて、悔いのない人生を、これから歩め!

日本の親学

学校さえちゃんと出ていればどうにかなる・・・。 他人に迷惑をかけなければそれだけで良い ・・・。そういった考え方、終わりにしませんか? 生きるためだけの人生を子供に歩ませるのですか? ぶっちゃけ、世の中めちゃくちゃなんですから !子供には好きなことをやらせましょうよ! 親としての能力。子供はそこに期待しています。子供の夢のために取り組んでみませんか?ただ厳しいだけと思われがちなサムライ教育。 しかし、そこには本物の愛情と、子供に対する責任、親としての無私無欲が示されているのです。

脱!戦後的母性教育

まるで新興宗教の教祖にでもなったかの様な感覚で教育論を語る戦後の教育者や評論家。現実から離れた理想主義が通用するのは問題のない子供に対してだけである。強い子供、頼りがいのある子供を軟弱にしないでほしい。私は、耳障りの良い表現をエサに子供をコントロールしようとするような小手先の教育論に異を唱えつつ、古来日本では当たり前だった、そして誰もが必要とした、けれども今では学校も社会も親も教えなくなった、日本式の知恵や哲学、普遍的な真実を題材にして、普段とは全く違う方向からの知的アプローチを行い、子供の、考えようとする力や困難に対峙する力を鍛え、あるいは学力とは別の賢さを育てようと思っております。

ニュースBLOG

STAP細胞の存在を発見しながらも、理研やマスコミの圧力で研究者としての命を奪われた小保方さん。あの一件が終わり、私が率直に感じた事は、小保方さんが殺されなくて良かったということでした。STAP細胞の研究成果は、アメリカに奪われ、後にアメリカ人から特許申請されて実用化に向かっておりますが、そこは報道しないマスコミの姿勢に憤りを感じつつも、アメリカの利己的な番長ぶりに日本は手も足も出ないとした現実に落胆するしかありません。レベルが全く違います。何人もの政治家が不自然な死に方をしてるでしょう?アメリカが持っている利権を脅かすような考えを持つと、思いもよらない方法で殺されたりするのです。都市伝説ではありませんよ?世の中の裏側、知りたいですか?

古臭い考え方を認めた科学

20世紀半ばころ、ニュートン的古典物理学に対抗するべく発達した最先端の物理学が導き出した世界観が、それまで冷遇されてきた東洋思想に邂逅したのではないかとした論調が科学の側から出され、以降、東西の思想を近似的見地からみて楽しむとした好奇心が知識層にウケています。 そこで、これまで精神論を否定してきた日本人の論調に対し、今知り得る科学哲学的な答えをぶつけることで、精神主義思想の奪回に繋がるのではなかろうかとの動機により、精神主義と科学哲学の接点を明瞭にして日本思想の立体化を試みてみようと思いました。

日本人、その精神の史

歴史といえばすぐに大東亜戦争がどうだとか自虐史観がどうだとかの話しになりますが、 私が皆さんに知ってほしいのは、世界で一番古い日本という国がどれくらい偉大で、 寛容で、強くて、そして神秘的かということです。 日本という国は、最初に国を始めた時から世界平和を国の目的としておりました。 それから長い時間をかけて、良い国、良い人を育て、また人々が幸福になるようにと、 様々な学問を修めました。 明治時代に入り、それらの学問は全て捨て去られ、今、私たちが学校で習っている様な西洋式の学問に取り換えられてしまったのですが、 今でも色々な場面で見ることが出来る日本人の凄さは、 それまでの歴史によりもの凄く長い時間をかけて遺伝的に作られた「質」が良いからだったのです。「日本人の質」は、どのような過程で出来上がったか、ということを精神の史として編纂していきます。

助け合い、学びあい、縁を持つ

Benefits include free browsing of blogs and participation in study sessions

NEWS/BLOG

ニュースソースを間違えるな!都合の悪い出来事は隠される!