日本の親学・主旨

プロローグ

はじめに私のことを

素浪人という、大人の立場としては今の世に通用しない、あたかも江戸時代の、扶持を失った侍のような生き方をし始めてから20年以上経過したか・・・
中学生の頃から地元では有名な不良を気取り、当時の高校進学率を思えばあり得ない様な理由で高校進学を拒否。
だがせめて高校だけは行ってくれとの母の気持ちと、好きだった担任教師や悪友の説得により、不良の吹き溜まりのような高校へ進学したが、理由も分からぬまますぐに退学させられてしまう。

少しは真面目になろうか・・・
仕事をしなければ・・・・
しかし、高度成長期の日本を支える骨子たりえる人材を大量生産していた頃である。

「高卒以上・要普通免許」

という、示し合わせたように同じ条件を提示してくる求人誌掲載の会社が私を必要とするはずがない。
高校中退ということがこれほどまでに人生を狭いものにするのかと思いつつも、他人事の様に日々ダラダラと暮らしていた。

とうとう見かねたのか、頼れるのは中退した高校の担任だと言う母は、私より多く通ったといつも愚痴っていた高校に出向き、先生に懇願したそうだ。
お陰さまで、ガソリンスタンドへ就職出来ることになった。

その後、ここで間違いを犯してはいけないと思いつつ必死で仕事に取り組んだせいか、上司に認められ、あるいは顧客に買われ、これも流れと言うものなのか、「高卒以上」が本来の条件だが、「そこは目をつぶるからウチの会社に来い」との、たくさんの声の中から選んだ、小さな会社に転職した。

収入面だけみれば、とりあえず、その時点での高卒の平均レベルに落ち着いたと言えるだろうか。しかし、いつも金が足りなかった。

死ぬほど働いた。
何でもした。
金欲しさゆえの事である。
真面目に働く一方で、法を犯しつつ、汚れた金を儲けることもしばしあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10代の頃は、車をいじる事とギターを弾くことが好きだった。
引く手あまたの各ヤクザ団体に所属しなかったのは、不始末で指を落とした場合にギターを弾けなくなるからだ。

大きなコンサートにも出たし、一方で暴走族の集会にも出ていた。

やりたい事が多すぎる。
欲しいものが多すぎる。
だからいくら働いても金が足りない。
どうしよう・・・

「高校中退」と履歴書に書いてへつらうより、自分で会社を興した方が良いに決まっている。20歳の時、自分で一軒家を購入し、自立していた事も動機として相俟って、20代前半で経営者になった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バブルはもう弾けていたが、それでもコンスタントに毎年億単位の稼ぎをたたき上げていた。

英語も広東語も話せないのに、勢いで香港へ渡り、貿易のイロハも分からないまま日本へ送った様々な商品が、数多くヒットした。

その要領でイタリアへ行き、有名なアパレルブランドと契約したり、アウトレット商品を輸入したりもした。

この頃は多くの従業員を抱えていたし、彼らの背景には家族もあったので、それほどの無茶はしなかったが、不良っぽさは抜けておらず、盛り場に毎日足を運び、豪遊を繰り返す日々を送っていた。
自分が一日に幾らの金を使っているのかさえ分からなかった。
「世界でトップクラスの経済大国日本に、俺の若さで、俺より上はいないだろう・・・だから俺は将来天下をとる!」

高級なものの全てを手にし、札束の臭いが体にしみこむほど大金を持ち、ばら撒いていたのだが・・・

30歳を目前にした頃だっただろうか。
自分の考え方に明らかな変化が見え始めてきたのだ。

何かが違う・・・

俺は何のために生まれてきたのか・・・?
どん底のはずの人生が、なぜ思うままに成功し、あるいはやりたい放題ができているのか・・・?
いや、今の仕事は本当に望んでしているものなのか・・・?
自分には何か、使命、と言うよりは責務があるのではないのだろうか・・・?
この先、必ず訪れる“死”を迎えたとき、金で満足した自分を悔いないか・・・?
そもそも人間は、どこから来てどこへ行くのだろうか・・・?
死とは何なのか・・・?
世の中とは何なのか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古くはアーユルヴェーダの哲学やギリシャの哲学から唯心論、孔子、インドの思想、神話、超常現象、脳科学、宇宙論、量子力学、カオス理論、科学哲学、形而上学、アインシュタイン、ホーキング、朱子学や陽明学、心理学・・・

経営者として感じていた、世に対する義憤がそうさせたのか、政治思想、国家主義や民族主義、全体主義、法治の矛盾、経済学、カント哲学から派生した社会主義、共産主義、アメリカの民主主義・・・枚挙に暇ないが、日に得られた知識に無駄は無く、それらの学問は、確実に、私の人格形成とそれから歩むべき道を照らす炎となっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

然るに一方、不思議なほど、仕事が全く上手くいかない。
それまでの、まるで超常現象の様に思い通り事が運んでいた私の経済活動が、まったく逆に、しかも底知れず落ち込み、とうとうその日に食べる事さえままならなくなったのだ。

同世代が抱いていた、はち切れんばかりの嫉妬心が矢となり、体中に突き刺さり、身動きが、できない。

それは取引先のみならず、仲間と思っていた人すべてが、溺れて弱っている私を仕留めるには今しかないとばかりに石を投げつけた。
重い石、刺さりそうな鋭い石、様々な苦を投げつけては新たな武器を仕込み、また投げるといった様だった。
家に置いた幼い我が子がいなければ、私の人生はここまでであっただろう・・・が、しかし、その頃だ。

天は、私に命の捨て場を用意しつつ、一人の、偉大な、それこそ一般人が近づく事など到底出来ないような、あるいは世が世ならばどんな紹介を受けようがその席の末端に座布団を敷くことさえあり得ないほどの、巨大な人物を、私の師としてめぐり会わせてくれたのだ。

頭山満より数えて直系三代目、頭山家本家の当主、最後のサムライと呼ぶに相応しいであろう巨人・頭山立國氏。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その頃の私は、重度の狂犬病に罹った野良犬の末期的症状と言って過言でない状態で、日々、ゴミをあさっては家で待つ子供たちにギリギリの粗食を運ぶといった様な有様だった。
その私に、“縁”という単純な一言を理由に手を差し伸べ、咬まれることなど考えず、それこそ猛獣に手でエサをやる様な感覚で、私に、大切な温かい手を差し伸べ、あるいは私の為になると思われる数々の修行を与えてくださった。

「金があろうが無かろうが変わらない人間になりなさい」
「人を観ず、そのうしろに大きく構えている天の意思を感じなさい」
「家を大事にしない者に国は語れないよ」
「嫌なことにも良いことにも必ず意味がある。よく考えなさい」

とても、やさしかった・・・。

そして、それから20年以上も経過した今、私は頭山立國会長付きとして、凛と生きている。

「君が実際に経験し、会得したことを世の中の人に知らしめるのも仕事だよ」と、ならば、まずは3人の子を持つ親として、頭山精神か、あるいは日本精神というものの影響を受けた父(私)が、子供との関係をどう築き、進行中であるが結果、どうしているかということを宣布しなければならないと思いたった。

3人の子供たちについて

2017年現在。長女は25歳。
小学校で音楽に興味を持ち始め、中学で吹奏楽部に入部。
浪人ということで私に時間があったのと、昔から私自身も音楽が好きだったこともあり、保護者会の会長やPTA役員ほか7役ほど同時に引き受けつつ、吹奏楽部の部長も兼任。
文化祭では、私の指導によりポップスをジャズテイストに編曲したものを吹奏楽で演奏。私は、エレキギターを肩から下げつつ、娘と同じ舞台で演奏するという夢のような事が実現した。

高校は、
「日本で一番強い吹奏楽部がある学校に行きたい」
と言う娘の気持ちを汲み、縁もゆかりも無い東京都市部某所へ家族で引越し。
偏差値から見て半分くらい下げての進学であったが、勉学が目的ではないので問題にならない。頑張り屋の娘は1年生からレギュラー入り。それからはアンサンブルコンテスト、全国吹奏楽コンクールなど大きな大会全てで全国勝利を勝ち取った。

3年生になったときには、高校生には難易度の高いSクラリネットをソロ演奏し、脚光を浴びる。
パートリーダーの上の上のコンサートマスターをこなし、認められて強豪大学から招待。その大学に進学。
海外遠征もよく行ったようだが、ウィーンで、世界初、オーケストラではない吹奏楽による演奏会に出場したことは身びいきしてしまうが快挙であると思っている。
大学でも、毎年レギュラー出場したコンテストで全て優勝し、今では、吹奏楽の指導者という自分の夢を叶え、いくつもの学校で厳しく指導しているらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長男は、大学2年生。
プロ野球選手と多くの縁があった私だが、私自身としては何ら野球に興味が無く、「将来は息子とキャッチボールをしたい」とよく聞く親父の夢物語など一度も口にした事は無いのだが、息子が小学4年の頃、たまたま遊びでキャッチボールをしたところ
「野球をやりたい」
というので、学童チームに入団させた。

多分、日本で下から5番目くらいに弱いチームだったのだが、私も活動に協力し、同時に野球を勉強し始め、結局コーチになり、それから長く続く野球の道に息子と一緒に入っていった。

1年ほどで、娘の高校進学のため東京都市部に引越し。
楽しかった最弱チームの子供たちとお別れするのは寂しかったが、息子にしてみればステップアップの機会である。
考えもしなかった土地ゆえに右も左も分からず、どんなチームがあるのかさえ分からぬまま、勢いで、硬式野球チームに入団。
毎年のように全国大会進出の可能性を持ったその名門チームでは、練習にはついていけるものの試合にはほとんど出られず、辛酸を味わったが、一度たりとも諦めず、毎日、学校から帰ってくると私を練習に付き合わせた。
中学生になっても同じである。
平日、土日と休むまもなく練習した彼であった。

そして高校進学。
彼の実績は白紙に近いが、気持ちが折れることはなかった。
絵に描いたように、その頃から、それまで溜め込んだ養分を形にするべく萌芽を伸ばし始め、それまでは一応、西東京でベスト16に入る程度の学校だったが、入学して早々1年生の夏からベンチ入り。
2年生になると一桁の背番号を背負いつつ、いつの試合においても先発レギュラーとして水を得た魚の様にグランドを泳ぎまわっていた。

そして3年夏、彼はキャプテンとして強豪校との試合に勝ち進み、甲子園をかけた神宮大会にまで昇りつめた。

最後、彼の頭上を超える打球を、無理と分かりつつも追いかけたがグラブの遠くを通過。ベスト8で試合終了。試合後の、保護者らに向けた彼のあいさつは、悔しさなど微塵もない、やり切った男による、涼しげなものだった。

野球はもうやめよう・・・と、思っていたようだったが、無名と言えば無名だった高校が突然ベスト8までいったことで、当然のように、強い大学から引っ張られ、強豪大学へ進学。ここでも、50名以上いる同学年のスター達を尻目にひとり、1年生から公式戦に出ていたが、「チームに気持ちが入らない」とした、言うなれば、厳しい野球を耐え続けてきたことで培われた、彼の潔癖性が邪魔したか、1年の冬に突然の退部。

息子「野球やめます。色々とありがとうございました。ごめんなさい・・・」
私「なんで謝る?」
息子「いや・・・お金とか無駄にしたし・・・」
私「アホか。んなもん気にするな!そもそも払ってないわ!はっはっは~~」
息子「・・・・・」
私「で、これから何に向かう?」
息子「アメリカに留学したいです」
私「ほう・・・じゃ、がんばりや~~」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次男、高校2年生。
容姿や性格が私の生き写しのような次男坊。だが、彼は障害者だ。

右後頭葉頭頂部から側頭葉にかけて観られる脳内皮質形成異常を因子とした難治性癲癇、ADHD、後発で思春期の精神障害、手術の影響により知的障害、左側視力を失い、原因不明だが会話する能力も失った・・・・

命に関わるか、あるいは軽くても半身麻痺、運動機能障害、視覚障害、言語障害などの危険性があると言われる手術を6度も受け、結果、知力、左側の視野、話す能力などを失ったが、持ち前の、寒気を覚えるほど強い精神力と真っ直ぐな心は今も生きている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、長男が世話になった中学硬式野球のクラブチームでコーチ兼GMの役をいただき、多くの時間をよその子供たちと過ごしていたが、昨年の夏くらいで引退させていただいた。

家ではオヤジとしての役目もこなしていたつもりである。
小学生から大学生まで、まわりは子供だらけの状況が20年位続いたか。

息子の友達の中には、私と遊びたくてウチに来るような子もいたが、今はずいぶん静かになった。
息子の友達も忌憚なく私にあいさつしに来るが、昔は可愛かった奴らでも大きくなると何となく気持ち悪いので、最近はなるべく関わらないようにしている。

そんな私だが、師、頭山立國会長が言う、「親として悟った事を宣揚」するには十分な経験をしてきたと言えまいか。
長く書いたが、細事については各ページに公表する。
これもまた“縁”として、このサイトを開いた方々と共に有意義な価値を高めたいと願う。