道徳について

人倫道徳の基礎である五常すなわち、仁、義、礼、智、信の徳性を知らず、語れない「学校の教師」が、子供に心の教育や道徳教育を行っている。

それまで問われることの無かった人倫教育の価値を見直し、心に“真面目さ”“素直さ”を施術せよと・・・。私は、文部科学省が、この苦肉の策を講じ始めたきっかけが、大人に面倒をかけない子供の生産にあたうべき理屈を求めるとした動機にある限り成就しないと見ていたが、事実、教科書などを見る限りでは、法が適わない年少児童に対する擬似的な法か、あるいは罰則のない法、法の下位に存在する法といった精神的な拘束力の施行を望むべく、子供に対する束縛を強化しようとした意図しか感じられない。
悲しいかな、何処の教育現場にも、純粋な日本道徳が存在し得ないのが現状なのである。

思想というものは、必ずその時々の社会情勢と密接な関係を以って浮上する。
社会そのものが有機体だからだ。
多数の細胞や器官、割り当てられた臓器からなる高等生物の個体に対し、社会というものも、その構造として何の違いもない。
かつて精神大国と言われたこの日本においても、まるで機能障害を免疫力により回復させんとした自然行為のように、その人民の道徳性(今の日本が求めているものはモラルだが)を回復させるべく、子どもたちに道徳を教えようとした傾向が内側から湧き出てくること当然の事だが、手に負えず、結局は法の力を低年齢層に敷き詰めるしか手立てがないとした方向に向かうのが目に見える。

これは年長者の情が利己を超えられない証であろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

道徳

これは本来、社会秩序の徳治的思想となるものだ。

大人は抜きにして、子供だけに施行しても仕方ないのだが・・・然るに、微力ながらこの潮流というか思潮というものの方向づけに、私も参加したいと思っている。

誰のためか・・・

それは子ども達のためである。

道徳を洗礼し、現代というものが答え得るものにしたいと思うのだ。
孔子や孟子や老子が、現代日本を生きていたならば・・・とした雰囲気は出せないが。