ハーバード大学大学院にて博士号を取得し、のちアジア文化における精神鍛錬のテクニックについて学ぶべくリサーチ・フェローとしてインドとスリランカに赴いたとされるジャーナリスト、ダニエル・ゴールマン氏。
彼は、ジャーナリストとして活躍しつつ、多くの賞を受賞し、なおも1995年秋、彼の代表作とされるであろう一冊の本を全米に向け出版した。

EMOTIONAL INTELLIGENCE

それは60万部を超えるベストセラーにのし上がり、そして翌年、土屋京子氏の訳により、その本は、日本においても出版される運びとなった。

邦題、EQ心の知能指数(講談社)

聞いた事があると思います。この本は、日本においてもベストセラーになりました。

この本は、そのタイトルのごとく、知能テストで測定されるIQとは質の異なる頭のよさとしてEQというものを定義し、人間の生涯を決定せしめる要因は、IQより以上にEQに依存するのだとした思弁を、大脳生理学等を暖用しつつ極めて聡明に説明し、評価を得た。
つまりこの本の目的は、EQの価値の宣揚とするものである。

然るに、よって論説はEQの価値にのみ偏重し、その鍛錬方法とすれば平均的な情操教育にしか頼っていない。
ここに少しの不完全燃焼を感じるということを言いたいのだが、それをフォローするべくこの本の発行部数はそれを覆い隠している・・・

が、しかしである。
私は、近古日本人に観ずる精神性やその徳性あるいは、それを価値としつつ積み重ねられたその歴史自体の重みを知っている。
ゆえにこの本を読んだときには、時間的な錯誤と言うべきか、つまり近古日本を鑑みつつこの本にそれを投影してみれば、甚だ稚拙に思えるという意味での違和感を感じたのだ。

物質偏重主義と呼ばれる現代に向けて開かれたからこそ、この本は、ある種の「新鮮味」が香るのだろう。

日本においてベストセラーになったのは、日本人が、日本を忘れた証なのである。

ダニエル氏は何故インドとスリランカに赴いたのか。

帰路、日本に立ち寄り、概念(西田哲学か何かで)であろうとも本質的な日本人というものに触れていたならば、この本の趣旨も少し違ったものになったではなかろうか・・・

百五十年ほど前の日本人が読めばどう思っただろう。
西洋科学に対する驚愕と、自らの価値の真価について、感動するに違いないとは思うのだが。

ならば私が行おうとする「中学生/高校生向けプログラム」の趣旨は、言うなればダニエル氏がのたまうところの、学校教育の無力な部分のフォローとして考えるものであると言えるだろう。

ダニエル氏は心の教育を言おうとするが、私はもう少し広義な意味での「知の魅力」や、「知の価値」というものを揚言しつつ、よってたつところの具体的な知力向上と、絶対倫理、論理的な思弁ないし哲学的洞察力の長養を望みたいと思っている。
しかもそれは年まだ幼い中学生を対象にしようと。
大脳生理学的に言えば新皮質の発達に寄与するべく、このプログラムを組んだのだ。

子どもたちは自分というものを確認し、世界(空間的な理性)というものとの調和を心がけ、あるいは道徳的に、あるいは「自立した子ども」としてその知力を成熟させるに違いない。

ダニエル氏は知性の多重性を言っていた。
言語能力や計算能力、空間的な能力や音楽的な能力等と、つまり子どもにはその能力において多重性があるのだと。

EQは、対人的な知性や心内知性を言うのだが、それらを長養するにも基礎となる哲学的な思弁を養うべきとは言えまいか。
講義のほか様々な形式により子どもたちの知の扉を開こうと、知るべき事は先に知らしめるべきであるのだと。

天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらずと云へり・・・
さらば天より人を生ずるには万人は万人皆同じ位にして、生まれながら貴賎上下の差別なく~
されどもいま広く此人間世界を見渡すに、かしこき人あり、愚かなる人あり、貧しき人あり、富めるものもあり、貴人もあり、下人もありて其(その)有様雲と泥との相違あるに似たるは何ぞや。其次第甚だ明あり。

実語教に、人学ざれば智なし、智なき者は愚人なりとあり、されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとに由てできるものなり・・・

福沢諭吉の言葉である。

人は生まれながらにして平等であるが、生まれた境遇によって様々な人生を迎えなければならず、また、能力や才能にも差があるものである。がしかし、これは天が与えたものだから仕方がない。
貧しい人、卑しい人、様々である。
この様な中で、学問の力とは、この差を平等に近づけるものなのだ、と・・・。

人の、幸への動力は知識である。
時に私は学校の価値をも謳うがしかし学問とは、広義の意味において普遍なる価値をもつものでなければならないと思う。

学校や家庭で教わらない事を教える場として、あらゆる手段を講じてみようと思っています。
考える行為を伸長させるべく、あらゆる知識を提供する。これが本プログラムの目的の一つです。