2018年現在。長女は25歳。

小学校で音楽に興味を持ち始め、中学で吹奏楽部に入部。
浪人ということで私に時間があったのと、昔から私自身も音楽が好きだったこともあり、保護者会の会長やPTA役員ほか7役ほど同時に引き受けつつ、吹奏楽部の部長も兼任。
文化祭では、私の指導によりポップスをジャズテイストに編曲したものを吹奏楽で演奏。私は、エレキギターを肩から下げて娘と同じ舞台で演奏するという、夢のような事が実現した。

 

高校は、

「日本で一番強い吹奏楽部がある学校に行きたい」

と言う娘の気持ちを汲み、縁もゆかりも無い東京都市部某所へ家族で引越し。
偏差値から見て半分くらい下げての進学であったが、勉学が目的ではないので問題にならない。

頑張り屋の娘は1年生からレギュラー入り。それからはアンサンブルコンテスト、全国吹奏楽コンクールなど大きな大会全てで全国勝利を勝ち取った。

 

3年生になったときには、高校生には難易度の高いSクラリネットをソロ演奏し、脚光を浴びる。

パートリーダーの上の上のコンサートマスターをこなし、認められて強豪大学から招待。その大学に進学。

海外遠征もよく行ったようだが、ウィーンで、世界初、オーケストラではない吹奏楽による演奏会に出場したことは身びいきしてしまうが快挙であると思っている。

大学でも、毎年レギュラー出場したコンテストで全て優勝し、今では、吹奏楽の指導者という自分の夢を叶え、いくつもの学校で厳しく指導しているらしい。