真誠ひとつの「まこと」なり

私の師、頭山立國の祖父、頭山満翁がまだ少年だった頃の話し。翁は、竹馬の友を誘って近くの川へと急ぎ向かっていた。

ふんどし一枚になり、友達と川へ飛び込んだが、友達の姿が見当たらない。

ひとまず川岸に戻り、陽の反射できらめく水面を眺めていたその時、目に入ったのは友が溺れている姿。

「しまった。奴は泳げなかったか」

深さはどうとか流れは速いかなど気にするそぶりを見せないのが九州男児。

翁は、急ぎ川に飛び込んで、友の身体を抱きかかえ、川岸に戻ろうとしたが、泳ぎに自信がある翁でもひと一人を抱えて泳ぐには限界がある。

川の流れには、二人を流すに十分な勢いがあった。

このままでは二人とも溺れ死んでしまう。

泳ぎが得意な翁は、自分だけ助かることも出来ただろう。が、卑怯者になるわけにはいかない。人として生まれたからには、自分の魂を自分で貶めるわけにはいかないのだ。翁は、友達を見捨てなかった。

「二人で死ぬしかないか」

もがき苦しみながら、そう思ったその時である。翁の必死さと友に対する誠意が天に伝わったか、川底に向けていっぱいに伸ばした足の先に、岩の手ごたえが感じられたのだ。

「もう少しじゃ!頑張らんか!」

足先に触れた岩を頼りに、丹田に込めた力がもう一方の足を前に出す。

「また岩だ!」

二人は、難を免れた。

その時、頭山翁が悟ったことは、真(まこと)も誠(まこと)も、「一つのまこと」だということ。

誠意をもって、真を尽くす事こそが本当の「まこと」に通じると。

 

真誠(しんせい)ひとつのまことなり!

将来、日本のみならずアジア諸国や欧米にまでその名を轟かせた、最後のサムライ、頭山満翁の超越性は、「真」の字に、大きな徳の装飾を施したのだった。

 

私は、自分の人生を締めくくるくらいの覚悟を以って、行く道を定めることができた時には、会を作り、その名前を師匠から戴こうと心に決めていた。

「正直、日本はもう終わっておりますが、私が終わるまでは私のできることをしたいと存じます。会を作りますので、是非とも命名をお願い致します」

それから数週間、名前の話しには触れられなかったので、私も控えていたのだが、ある日、珍しく「今から会えないか?」と急な呼び出しを受け、本家ご自宅でこの話しをされた。

真誠ひとつのまことなり。

「君の会の名前にしたら良い」

一つのまこと、すなわち一つの真の会。一真会と。

 

蛇足だが、「真」という字は、私の名前も由来している。

 

 

一真会の目的は喜ばれること

「本来の日本社会、及び日本人とは何か」と、その本質を探れば、今の社会を覆っているつまらない道徳論や、日本人特有の、他人のマナーが気になる気質、自分の常識と違う他者を受け入れられない小さな心、小者の所以たる細かい正義感や、すぐに善悪を決めたがる浅い思惟などとは程遠く、あるいは保身のために自分の歩く道を狭くしてそのままその価値観を子供に被せるとした生き方は否定されるだろう。

そう言ってしまえば、一真会とは、まるで反社会的な活動かと思われるかもしれないが、モルモットか働きアリのようにされて気が付かない人々、飼い殺されている国民の状況を客観的にみてきた私の肚は、国民の「大人しさ」を利用して騙し、労働を強要し、果を搾取して自利を追う今の国の権力体制には正面切って「反」である。

 

日本人は、もっと楽しく、自由に、そして楽になるべきだ。

それに見合う苦労をしてきたではないか・・・。

アホらしいような話かもしれませんが、皆さん、少し、心を大きくし、細かいことは切り捨てて、死ぬまでの今後の道を拡大するべく、出来る範囲で、他者、あるいは地域、日本、アジア、世界のために、遊び心を忘れずしかし真剣に、取組んでみませんか?

侍プロジェクト。

何をすればいいのかと、まだ模索を重ねまくっておりますが、門は開いておりますので、どんどん関与してください。

私は、見えない檻に入れられていることを人々に気づかせ、間違った常識を植え付けられてしまった頭をほぐし、金融資本主義により否応なしに汚れてしまった心を磨いていただくとした大業を行うために、見合うべく、今まで大きな苦労をしてまいりました。

頭山満という巨大な人物の跡を継ぐ家系の盾となり、独り、毎日、誰が敵かも分らぬ状況の中、もし弾丸が飛んで来たら身で受け止めるとした覚悟を以って本家の当主を守り、義と仁を貫いてきました。

苦労を超えた苦労をしてきましたが、若い頃から側にいさせていただいた親、頭山の当主は、気づけば高齢となり、私が側にいなくても、ゆっくりとされている。ならば、私の中に蓄積した「真」を、本当に、世のため人のためになるように使っていこうと、決心したのです。

宇宙が膨張しているのなら、そこに内在する私たちの世界の本質は進化と成長です。

老いを成長に変え、もっと内面に気をくばり、小さなことに捉われず、大きく、太く、真の道を共に歩んでいきましょう!

当面の業務

侍プロジェクトを広めてください

侍プロジェクトのパンフレットをお渡ししますので、パンフレットの「担当」欄に名前(捺印)を記入し、知り合いなどに配布してください。

配布したパンフレットから侍プロジェクトへ申し込みがあった場合、月々の広告費等収入の部を分母として割った登録者数から「紹介者」ごとの頭割りを計算し、割り出された成果数に利益分の率を掛けた金額を報酬として差し上げます。

広告費等の収入が増える程、算出される額が増大しますので、最初は少額でも月日を追うごとに報酬も増額いたします。

興味があるかたはご連絡ください。

而して、侍プロジェクトの趣旨に賛同いただいた方のみが一真会の会員対象となりますことをご注意願います。

必要事項を入力し、送信してください。

 





性別