緩んだままの日本

 

アジアで唯一、ヨーロッパ諸国の植民地にならなかった日本だが、それは当然の事なのかもしれない。資源のない、狭い領土に、恐ろしく強い武士がはびこり、庶民でも正義を美徳とし、贅沢を無徳と考え、質素に暮らすことを当たり前の満足としている民の地に、血を流してでも入り込もうとは思わないだろう。が、ではなぜ欧米の帝国主義国家は幕末あたりに急に日本を狙ったのか。それは、日本に、帝国主義各国が保有する金塊をかき集めても届かないほど多くの金塊が眠っているということが、バレたからである。

 

江戸時代、ヨーロッパの銀行家は、日本に民主主義と資本主義をセットで植え付け、ヨーロッパ式の銀行制度をねじり込むためにアメリカを使って侵略したが、その背景には、日本が保有する金塊を奪うとした企みもあった。

以降、欧米に膨大な量の金塊をカツアゲ(金より銀の方が価値があると騙されて取り換えさせられたり)され、相当目減りしただろうが、タングステンに金メッキを施しただけのニセ金塊を本物として計上しているアメリカやイギリスが所有している金塊とは違い、日本の金塊は本物であり、保有量もいまだに世界一位である。このことは、日本人が真剣に世界平和を考えたならば実現可能であるということを裏付けているし、相変わらず狙われているともとれるだろう。日本は、戦争と金融詐欺で富を増やすとしたアメリカの考え方に従属してアメリカ経済を支えているが、遺伝子的に考えると、属国として飼いならした日本がいつ反発するか不安なのである。日本は、強すぎるが故に、悪にとっては脅威なのだ。   (http://d.hatena.ne.jp/nk2nk2/20120511)

 

開国を決意した、日本人という、体の小さな後進国の民は、数年で教育制度を整え、西洋式の学問をあっという間に習得し、強国と渡り合えるほどの武力を即座に整えた。

それに驚いた大英帝国などは、日本の武力を試すがごとく清との戦いを煽ったが、圧勝したばかりか、その勢いで、世界中が恐れるロシアをも倒してしまう。

第一次世界大戦では、英国の同盟国という立場により、傷を負うこともなく大金を手に入れた。

第一次世界大戦で疲弊したヨーロッパは、地球という土俵に残ったのは、西の横綱であるアメリカと、ほんの数十年で東の横綱になった日本であると認めざるを得なくなってしまったのだ。

 

3R・5D・3S+

 

そもそも、軽く日本を経済侵略し、軽く通貨制度を握り、軽く金塊を巻き上げる目的だった当時の列強は、頭から大きなタライを落とされたようなショックを受けてしまった。

「これは、横綱戦で決着をつけるしかない!」(米英)

好景気に浮かれた日本人は、先進国の仲間入りをしたといってもまだ間もない、言うなればあか抜けない田舎者のくせに自惚れており、コミンテルンによる巧妙なスパイ活動に騙されて、戦争に突入する。

 

ほぼ世界VS日本という、あまりにも無謀な状況に立たされても戦い続けたが、西の横綱があまりにも卑怯な手を使って一般市民を殺戮するため、負けは認めぬが、日本人がこの世からいなくなってしまっては本末転倒であるとして、「終戦」を決意。然るのち、戦勝国が連合を作り、それまでなかった国際法と、それまでなかった条項により、戦争犯罪という冤罪がでっち上げられ、日本のリーダーが多数処刑されたり、政治、宮廷、財閥など、官僚機構以外の主たる組織が解体(官僚は残して使った方が都合が良い)されたりしたが、この戦争で一番苦労したアメリカは、なによりもこの獰猛な化け物が二度と牙をむかぬよう、決して立ち直らぬようにと、日本の牙を引き抜く計画を立てることに集中した。

 

卑怯者は、卑怯な手段を使った分、仕返しを怖がるものである。が、牙の無いトラは怖くない。知日家であるGHQのガーディナー参事官は、日本を弱体化させる方策として見事、3R・5D・3Sと呼ばれる方針を作り上げ、咬まれぬようにと、つまり日本人に知られないように、実施した。

 

【3R】
(Revenge―復讐、Reform―改組、Revive―復活)

重点的施策としての【5D】
(Disarmament―武装解除、Demilitalization―軍国主義排除、Disindustrialization―工業生産力破壊、Decentralization―中心勢力解体、Democratization―民主化)

そして補助政策としての【3S】
(Screenー映画やテレビ、Sportースポーツ、SEX-性産業や歪んだ性知識)

 

これにより、日本人の内面は変質し、生き方や価値観が変わり、恐ろしいほど愚かで無知な人間を量産し始めたのであった。

 

高度経済成長という自然な成長に合わせて、マイホームやマイカーとマイベイビーをセットで揃える(歳をとったらゴルフとか、奥さんを怖がるとか)のが普通であるとの洗脳は、更に消費型の経済を成長させ(奥さんを怖がるは関係ない)、精神教育には無縁だった親による、ただの黄色人が量産された。今の子供世代が三世代目となるか。今や、日本精神、や、日本魂、などと口に出そうものなら女にもモテなくなる時代である。バカは自分がバカであることに気づかないからバカなのだが、自分の精神性の高低に関しては聖人君主でさえも間違える。知の方向性を決めるのに数に頼る、あるいは多数を信じるとした愚考も、同時に日本に蔓延した。

 

 

世界の改革に注視せよ

 

ユダヤ教の長老(ラビ)モルデガイ・モーゼ(GHQで日本弱体化計画を立案した一人)は、その著書『あるユダヤの懺悔 日本人に謝りたい』において、自らの過ちを深く詫び、日本人に向かい、戦前の日本精神に立ち直って欲しいと訴えた。日本の弱体化が及ぼす世界への悪影響がこれほどとは思えなかったのだろう。

 

戦後、幾年かしたころより、良識派、あるいは知日家の多くのアメリカ人や、東南アジア各国の指導者らから、日本の復活を望む声がでてくるようになってきた。

 

アメリカ政府は、日本の再軍備を公式に認め、憲法の改正については「速やかに改正すべき」ような旨を発表している。

が、日本人自体が気が付かないから仕方がない。

 

日本精神に立ち直るより、世界で一番の生産量を誇るアダルトビデオを独り楽しみ、あるいはホテル代別で2万円ほどもらえる売春業をして好きな服を買った方が良い。

利権を組み立てれば、アイドルの卵がマクラ接待してくれるし、酒も飲み放題だ!これは良い!そう思う普通の政治家や官僚が精神論を唱えるはずがない。

生徒の顔を見て裸を想像しながら授業を行う小中高校教師に、日本精神の話しは毒である。

ユダヤ教のモルデガイ・モーゼは、誰もが立ち寄るコンビニにエロ本が並べられ、早く性に目覚めてヤリまくることの奨励とその時の注意のための性教育を指導する日本の今の学校、社会のことを、想像しただろうか。

 

人間の最大の不幸は、無知である。

日本人は、恐ろしい勢いで洗脳され、もの凄く弱く、知識はあるが知恵が無く、正邪峻別も出来ず、真を追えない、無明になってしまった。

嫌なことがたくさんあるだろう。

昔は簡単に超えられた問題が、いまや死活問題になっている。

自殺者の数を誤魔化さなければならないほど、自殺者の数が半端ない。

苦しくても、他人との距離感が育っていないから、他人に頼れない。

ものすごい数のうつ病患者が、もの凄い量の変な薬を飲まされている。医者は喜ぶが、頭の良い医者などほとんどいないため、医療費負担と患者の苦しみがスパイラル化している。

 

そして今、経済の長期低迷を狙った労働力弱体化に係る「終身雇用の撤廃」「派遣労働化」「残業や長期労働を悪とみなす風潮」「ブラック企業といったキャッチコピー」「学校を卒業するまでの間、社会の本質を教えない」といった政策を実施しつつ、今よりもさらに日本人を弱くするために、「教育の弛緩」「生徒至上主義」「教師の軟弱化」「体育会系の否定」「優しさの奨励」「子供向けの人権主義」が活発化しているのである。

 

政治家は政治を堕落させ、警察官が警察に対する信用を失わせた。

教育者は教育者のせいで格が落ち、右翼が日本人の愛国心を失わせた。

商業主義のマスメディアは、金が出てくるところを気にしすぎて番組を作れず、真実を報道できず、よって弱者を叩いて晒すとした屈折した正義を楽しんでいる。

精神性の廃退とはこれほどにまで恐ろしいものなのか。

日本人は、もう、居なくてもいいのではないのだろうか・・・?

 

ところがである。インターネットという面白い玩具の出現が、日本人のDNAの、日本人たる部分を目覚めさせる契機に繋がったようなのだ。アメリカやイスラエルは、インターネットで世界を独占しようとしたようだが、失策だったようである。それにより、はからずも日本人の魂を発動させ、色々と気づく人間が少しずつ出始めている傾向が認められるからだ。グローバルスタンダードへの流れはアメリカ大統領が止めた。あとは、日本人が、固有の個性を以って世界の平和に貢献すべきなのである。アメリカの旧勢力が失墜するまでは。

 

最も厄介で、しかもまだまだ強くて、その気になれば世界最強の軍事国にも、世界を平和に導く導士国にもなり得る「潜龍、日本人」が、ゆっくりと瞼を開けようとしている。

世界を終わりにするか、平和な楽園にするかの戦いが、始まったということだ。